1食を低カロリーの食品と置き換える事で一日の摂取カロリーを

大幅にカットして短期間でダイエット効果が出やすいとされている

置き換えダイエット。

 

 

でも、実際は置き換える食品は何がいいのでしょうか?

 

 

どうせなら結果の出やすいものや

置換えに向いている食品を選びたいですよね。

 

 

今回は置き換えダイエットに向いている食品と

その理由についてお話させて頂きたいと思います。

 

 

食事と置き換えるのに向いているのはどんな食べ物がある?

置き換えダイエットで置き換える食品の1番のポイントは、

当然ながらカロリーが低いという事です。

 

 

置き換える食品がラーメン屋ハンバーガーやチョコレートなど

高カロリーのものでは全く意味がありませんからね。

 

 

カロリーが低い事の他には、

その食品の栄養素や腹持ちなども重要になってきます。

 

 

豆腐や納豆や鶏ササミなどはカロリーや脂質が低く、

タンパク質が豊富なのでオススメです。

 

 

痩せやすい体を作る為や代謝を上げるためには筋肉が必要になってきます。

 

 

タンパク質は筋肉を作る重要な栄養素なので積極的に取りましょう!

 

 

他にオススメの置き換え食品はヨーグルトや

キムチなど乳酸菌の含まれるもの。

 

 

乳酸菌は腸内環境の改善をサポートしてくれるので、

ダイエットの大敵である便秘の解消に繋がります。

 

 

置き換えダイエットに成功した私が良く食べるのは、

これらを組み合わせたものです。

 

 

納豆とキムチを混ぜたものを豆腐に乗せて食べたり、

鶏ササミの上にキムチとチーズを乗せてオーブンで焼いたり、

無脂肪ヨーグルトにオリゴ糖とナッツを混ぜて食べたりします。

 

 

カロリーは低いのに栄養価が高い、

というものを置き換え食品として選ぶようにしてみましょう。

 

 

置き換えダイエットで他にオススメは?

置き換える食品でオススメのものをいくつかご紹介しましたが、

手間がかかったり味の好みや苦手な食べ物もあるかもしれません。

 

 

そんな方にオススメの置き換え食はフルーツ青汁です。

 

 

青汁と聞くと、それこそ苦手と思う方もいるかもしれませんが、

フルーツ青汁はジュースのようにとっても美味しいのが特徴です。

 

 

そして置き換え食品選びで重要な、

低カロリー高栄養価という条件も満たしています。

 

 

そして水に溶かすだけなので手間がかからないという事も

嬉しいポイントですね。

 

 

フルーツ青汁には乳酸菌や食物繊維も豊富で便秘解消効果も見込めます。

 

 

腹持ちが心配という方はヨーグルトに混ぜるなどのアレンジも出来ますので、

置き換えダイエットの食品は何がいいのか迷っているという方には、

是非フルーツ青汁を試して頂きたいです。